『あのこは貴族』(映画)【レビュー】

作品概要

都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描くシスターフッドムービーの新境地とも言える作品が誕生した。監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。原作は、映像業界が最も注目する山内マリコによる同名小説。主人公の箱入り娘・華子には、本年度NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でヒロインを好演中の門脇麦。地方から上京し、自力で生きる美紀役に、女優、モデル、デザイナーと多彩に活躍する水原希子。奇しくも二人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役に高良健吾ほか、石橋静河、山下リオと、若手実力派俳優が集結した。20代後半から30代にかけて息苦しさを抱える女性たちが、軽やかに変化していく姿を、最後の青春譚として静かに紡いでゆく。

公式HPより

感じたこと

・分断から緩やかな連帯が表された日本版シスターフッド映画

・貴族(昔ながらのお金持ち)の世界を体験できる映画

賛否でいうと賛でした。劇中に出てくる次のセリフは印象的でした。

「日本って女を分断する価値観が普通にまかり通っているじゃないですか(中略)本当は女同士で叩き合ったり、自尊心をすり減らす必要ないんじゃないですか

このセリフで語られているような分断内での再分断という構造は言われてみなければ、案外気づかないものなのかもしれません。そしてそれを受けての、華子と美紀の邂逅の流れは、そのような分断から、ゆるやかな連帯へという、これからの未来へ向けての新しい可能性が感じられる、まだ熱くはないですけれども温かみのようなもの感じました。

私自身、地方から上京してきた身ですが、東京で何年か過ごすうちに驚いたことは東京にはブランド品や高級腕時計をしている訳ではないのに、礼儀正しく、品も良く常に余裕のようなものを持っている、本物の上流階級の人々が存在していることです。そのような人々の生活について、監督は脚本づくりの段階で、かなりリサーチを行ったとのことですが、冒頭の榛原家のお正月のシーンや、青木家での華子の顔あわせのシーンなど、知らない世界を垣間見ているような感じで、興味深い映画体験となりました。

私が一番印象に残ったシーンは、終盤の華子と逸子が子供用の自転車にて二人乗りをしているところに、幸一郎が現れるシーンです。この映画の中で、女性の自転車の二人乗りという表現は、女性同士の連帯や既存の価値観からの脱却のようなものを表しているように私は感じており、そしてそれをまだ子供用の自転車ではありましたが、華子もしっかりと体現ができるているという点に、とても胸を打たれました。

また、そこに現れた幸一郎について、いつも大事な日には雨が降るといっていた彼ですが、その瞬間はこれまでと打って変わって快晴であり、そのような状況は、天気という本来、自分の努力ではどうしようもない現象まで、自分の欠点のように内面化してしまっていた彼が、今後、「もしかしたら自分が“こうあるべきだ”と内面化してしまっているものの多くは、本来の自分の意思とは違うものもあるのでは?」と、気づいていけるんじゃないのかな?いやもしかしたら、幸一郎は華子と触れ合う中で、うすうす気づき始めていたのではないのかな?と、幸一郎の未来の可能性についても、ほのかに感じることができました。

+この記事がお気に召されたらハートをクリックして「いいね」をお願いします+

シェアしてね!