『あの頃。』(映画)【レビュー】

作品概要

センセーショナルな内容が注目を集めた『娼年』(18/三浦大輔監督)、衝撃のバイオレンスで日本中を熱狂させた『孤狼の血』(18/白石和彌監督)、権力とメディアの裏側に切り込み話題を呼んだ『新聞記者』(19/藤井道人監督)――。2009年の役者デビューから、11年経った今も尚、攻めた作品選びで果敢な役柄に次々と挑み続ける俳優・松坂桃李。若手実力派俳優の中でも群を抜いた貫録を放っている松坂が、今回演じるのは「ハロー!プロジェクト」に青春を捧げるアイドルオタク役。同じ趣味を持つ仲間と出会い、遅れてきた青春を謳歌していく。主人公と共に昼夜オタ活に勤しむ個性豊かなオタク仲間には、映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、そして本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウ。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結。彼らは、劇中でハロプロメンバーへの熱い想いを語ったり、ハロプロの楽曲をカバーし演奏するなど、強烈なキャラクターを熱演している。
メガホンをとるのは、『愛がなんだ』や『アイネクライネナハトムジーク』など話題作を手掛けてきた今泉力哉。脚本には、『南瓜とマヨネーズ』などで監督・脚本を手掛けてきた俊英・冨永昌敬。また、ネット音楽シーンから頭角を現した新進気鋭の音楽家・長谷川白紙が劇判を担当する。振り返ってみれば「どうかしていた」としか思えないほどバカバカしくて笑えるのに、ちょっぴり切ない、誰もが経験した「あの頃」の記憶を描く。
劇中では、劔がハロヲタに目覚めるきっかけとなった松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のほか、モーニング娘。の「ザ☆ピ~ス!」やファンの間では名曲と言われている「恋ING」等のハロプロ楽曲が使用されている

公式HPより

感じたこと

・2000年代初頭のオタクをとりまく、ちょっとまだ世知辛い世界観がよく表現されている

・何故か憎めない仲間のことを思い出した

いわいるモーヲタ(「モーニング娘。」オタク)ではなかった私ですが、劇中の2000年代初頭の雰囲気には「懐かしい」と思う場面が多々あり楽しめました。また、「恋愛研究会。」で繰り広げられる駄話の数々や、関西特有のノリも心地よく「こんな仲間達と一緒に青春時代を過ごしたいな!」と思いました。

私は1986年生まれですが、ちょうど私が中学、高校時代を過ごした時期(2000年初頭)は、インターネットが一般家庭に急速に普及しはじめた時期だと思います。それに伴い、個々の趣味嗜好が、それまでと比べて容易に専門化しやすい、言い換えるならばオタク化しやすい時代に突入してきたのも、丁度、この頃だと思います。

しかし、まだこの時代は、「〇〇オタク」という存在は、世間からは今よりも奇異な目でみられることが多かった印象がありますし、当事者のオタク達もそれを十分に理解した上で、細々と活動をしていたような印象があります。そんな状況がこの映画ではよく表現されていました。例えば学校祭で開催されたイベントのシーンなどは、この時代特有のオタクをとりまく、ちょっとまだ世知辛い世界観がよく表現されて面白かったです。しかし、そのような状況の中だからこそ

世間からは変な目で見られているかもしれないけど、それでもやっぱり好きなものは好き!

そしてその好きなものを共有し合える仲間がいることは本当に素晴らしい!

といったことが、ダイレクト伝わる、よい映画だったと思います。

さて、私がその他に残ったのは、仲野太賀さん演じるコズミンが、主人公である劔くん(松坂桃李さん)へ、シチューを作りにくるフード展開です。ネット弁慶で、劇中、ちょっとしたお金のやりとりにもうるさい、あんなにケチなコズミンが、劔くんのために、シチューを作っていることだけでも驚きでしたが、出来たシチューをお皿に取り分ける際、時間をかけしっかりと具を選んだ上で、自分よりも先に劔くんへよそってあげる、という姿が印象的でした。結局、シチューの出来はいまいちでしたが、その「コズミンの優しさ」は劔くんの中に生き続け、私自身も劔くんと同様に、コズミンの生前葬の際、シチューのことが「良い思い出」として一緒に思い返えされました。そういう憎めない人って、きっと誰しもの中に1人~2人はいますよね。私にもいます。その人のことを思い返したりもする良い体験ができました。

+この記事がお気に召されたらハートをクリックして「いいね」をお願いします+

シェアしてね!